« 朋あり遠方より来りてノルマンディー上陸作戦。そして滞在許可証更新。 | トップページ | 巷で噂の『キルラキル』ですが »

2013年8月27日 (火)

僕もパンクロックが好きなんだ

今度は一年空きましたな(笑。忙しくて、といっても仕事が増えたわけではないんですが、出来る限り自分の作品のクオリティをあげるためには、作品に掛ける時間がどんどん多くなり、そんなこんなでブログを更新する暇もツイッターなんざやる暇もないわけです。関係ないけど忙しい忙しい言ってる漫画家の先生方はどうしてブログ定期的に更新できたりツイッターで一日何度もつぶやいたり出来るんでしょうね?忙しいんならつぶやいてないでペン動かせよ、忙しくてもつぶやいてていいのはつぶやきシローだけだろ、とかなんか敵しか増やさない発言はここで終わりにして本題にうつるのです。

先週末、シャルルビルメジエールへ行ってきました。朕の住むランスからTGVで30分くらい?だったかな。車で一時間ほど。100キロほど離れた街ですがフランスではこれでも近所の街の部類に入ります(笑。操り人形のコンベンションやアルチュールランボーの生まれた街として有名なこの街で、なんというか、日本で言う夏フェス、合同野外コンサートが行われたのです。そしてこの夏フェスの日本との一番の違いはと言うと、同じアーティストというくくりでバンドデシネ作家さん達も招待され、同じ期間サイン会をするのです。コンサートが行われているすぐ隣の建物で、デシネ作家さん達が行うサイン会に朕も今年招待されたのでした。実は去年も呼ばれてたんだけど、忙しくて半日で帰ってしまい、コンサートは見れずじまい。去年よりかは時間のあった今年はアトリエの皆も参加する事になったので二泊たっぷり参加したのです。

一日目のサイン会を終え、食堂に引き上げる時にやっていたバンドがフランスのバンド、SKIP THE USEでした。パンフにはロックバンドとあったので、あまり気にしてませんでした。ロックつっても幅広いからね。ところが食堂に向うその道すがら聞こえてきたのは、ライブ故のチョイスだったのかも知れませんが、ロックと言ってもかなりパンク色の濃い音。フランスに来てからお金節約のためここんとこずっとCDもなにも買ってなかったので、久しぶりにキました。

聞いた事の無い曲なのに心地よくなつかしいリズム。言葉をマイクに叩き付けるように歌うボーカル。その大音量が久しぶりに体を駆け抜けて、なんかホントにその場でぐっと来て男の子心が刺激され、涙まで出てきたのです。

朕がパンク大好物なのは、朕の男の子心を刺激するからです。あえて子をつけるのは、おっさんになるたびどんどん失われて行く、大事に大事にとって置かないとなくなってしまうものだからです。歳をとるたび失われて行き、完全にそれを失った者達はまるで邪魔な物のように未だ持ち続けている人たちを悪く言います。一部で使われる中2病とかもその一つですね。口座に一円すらも入らないのに、負ける可能性の方が強いのにあえて立ち向かってゆく、夢を追い求める、そこに生まれるロマンやヒロイズム。大人になればそれは愚かな行為に変わり、いつの間にか口座に金が入らなければ何もしない、子供の頃に持っていたちっぽけな夢を一つ一つ金に換えて安定という名の奴隷のような生活こそが正義に替わってしまう。大事にとっておかないと、その大多数の正義にののしられ押しつぶされてしまう。「もうあの人ったらいつまでたっても子供みたいなんだから」で言われる子供は、安定にどっぷり浸かりきり、全ての夢を売り払った子供っぽいだけの大人なわけです。それはすでに男の子ではないのです。

そういう大人になりきれないものをどこかに大事に大事に持って換金せずにいる人達が歌うのがパンクです。だから素敵なのです。

久しぶりに聞いたパンクロックはやっぱり良くて、本当にいつの間にか泣いていました。

そしてその日はそれだけでは終らなかったのです。
そのSKIP THE USEの後に出てきたバンドはなんとあのパンクバンド、オフスプリングだったのです!
知らない人に説明すると、クレイジータクシーの「ヤーヤーヤーヤーヤァ!」とか「ギブツミベィベーアハンアハン」の人。

なんかね、もうアーティスト特権でバックステージとか入れるの!スッゲエ間近でオフスプの生演奏。その中でも一番近くにいたのがドラムの人で、その演奏が本当にただもう楽しくて楽しくてドラム叩いてるような感じ。よくそんなんでリズム刻めるな、ってくらい、子供が目の前にすっごい楽しいおもちゃ見つけてただもう夢中で、みたいな顔で演奏するのよ!その姿みてるだけでまた涙出て来るのよ。

ステージを終えて目の前1メートルをボーカルデクスターが帰ってゆく。朕と彼の間、さえぎるものは何も無し。風貌はホントにいい歳をしたただのデカイおっさんなんだけど、すげえカッコいい。この幸福な時間のすべてが無料ですよ!アーティスト枠で参加したからね!デシネ作家やっててホントよかった!

ちなみに食堂はアーティスト共通の控え室みたいにもなっていて、実を言うとすでにその数時間前、昼飯後にオフスプリングのメンバーに会っていました。フランス人は昼飯を時間かけてゆっくりたべ、その間もずっと談笑してるのが普通です。長いと一〜二時間そんなことをしています。さすがにその間ずっと待ってるのも退屈なので、何度かタバコを吸いに外の喫煙所へ出ていたのです。そこでタバコをすってたのがヌードルズ。この時まだ、朕は今日オフスプリングが出る事を知りません。ヌードルズそのものを見ても「なんかまだら頭の変なおっさんがいるな。オフスプの人に似てるけどまさかな」くらいに思ってました。なかなかフランス昼飯タイムが終らないので、その間2〜3度喫煙所でタバコを吸っていたのですが、いつ行ってもずっと喫煙所でその人と目が合うのです。というか、おそらくその間ずっと外でタバコ吸ってるんですその人。「えっらいヘビースモーカーだな」と思ってました。で、家に帰ってwikiでオフスプを調べて読んでたら、ヌードルズの説明の欄に「ヘビースモーカー」って描いてあるじゃないですか!オフスプの似てる人じゃなく、ギタリストヌードルズそのものだったんです。朕、ヤツのそば数10センチで腰掛けてタバコすってたよ!

さらにはライブ後、便所でドラムスの人と会話しました。どっか汚い所でもさわったのか、それともあんな感じで思いっきりドラム叩くとそうなるのか知りませんが、えらく手を汚した人が手を洗っていて、真っ黒な水が事を終えて軽く手を流そうとしていた朕の目の前をとおり、「おぉう」とつい口に出した所、はにかんだように笑って手を拭いていたのがピートパラダでした。「汚くしてごめんね」「いやいや大丈夫だよ」みたいな会話をしたよオレ!!


正直に言うと、オフスプリングは、それまで「まあまあ好き」くらいのバンドでした。日本からiTunesに入れて持ってきたCDも二枚しかなかったし。いやあ、あんなもん見ると大好きになっちゃうね!

改めてパンクロック好きだなあ、と思えた日でした。自然に涙が出るほど心震わせてもらえるものって本当に少ない。かわいらしいアイドルちゃん達が売春婦みたいな格好で頑張ってますアピールをする曲とか、コブシ効かせて不倫だの浮気だのばっか歌う日本人の心を騙るアレとか(ちなみに心を騙る程の歴史はアレにはない。アレだったら盆踊りの方がよっぽど日本人の心だ)、電子音声を合成してキレイキレイな詩をなんの感情もなく歌い上げる例のバーチャルなお姫様とか、あびるように聴いた所で朕はどれにも涙なんかでないもんね。

二日目はなんかすげえ有名らしいウータンクランというラッパーのグループがでてました。らしい、というのは朕、ラップは日本語ラップ含めて殆ど聴かないから。知ってるのノトーリアスBIGと2PAC、あと吉幾三くらい。なんか怖そうな人達がいる、と思ってなるべく目を合わせないようにしてたらその人達がまさしくそのウータンクランでした(笑。こええこええ、と一日過ごしたのですが、彼らがライブを終えて、メンバーの1人がビールを飲んで一息ついている所に、白人の少年がやってきて、目をキラキラさせながら、「サインください!」って。「おお、勇気あんなあ」とその一部始終を今後どうなるか不安もありつつワクワクしながら見ていると、ラッパーの彼はわざわざ手にしていたビールを置いてそのごつい背中をクルリと丸め、サイン書いて握手までしてました。すっげえ怖いけど、たぶんあの人すっげえいいヤツだ。


そんなこんなでとにかくオモシロイベントでした。ほんといい経験した。口座には一円も振り込まれないけど(笑。

●渡辺活火山さん

間が大変空いてしまって申し訳ありません。忙しいときは自分のブログをチェックすることさえ怠ってしまうのです。子供の頃から漫画家になりたかった私には、みなもと先生はヒーローのような方々のお一人です。こちらこそ大変貴重な機会でした。まさかそのみなもと先生が自分の事をおぼえてくださっていた、なんて事も大変光栄です。
時間が空きすぎてもうここを見てらっしゃらないかもしれませんが、遅ればせながらこちらからもお礼申し上げます。貴重なご報告ありがとうございました。

« 朋あり遠方より来りてノルマンディー上陸作戦。そして滞在許可証更新。 | トップページ | 巷で噂の『キルラキル』ですが »

コメント

http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG
http://www.kill-la-kill.jp.2-t.jp/1iCG

ロックがすきってわりには、炎上商法でお金かせぐのやめませんか?
あと、ほかの漫画家さんのこというのどうかと思います。個人の息抜きなり何なりについて言及するのは人としていかがなものかと
質を高めるのは時間ではなく集中力だと思いますし。なによりオオシマさんの作品、時間のわりにクオリティ低いんですがなんででしょうか?
まだ量産型のほうがましなきがします

誕生日おめっとさん!
オフスプうらやまだけど、それでもお釣りが出るぐらい色んな物を犠牲にしてるもんなぁ。
応援してるぜ!頑張れ!

あ、ちなみに、スティックに滑り止めのワックス付けるとめっちゃ手は汚れるぜ!

大変ご無沙汰しております。

とにもかくにもお元気そうでなによりです。
しかしながらブログを読むにつけ距離も作家としてもずいぶん遠いところに
行ってしまわれたかんじですね・・・(しみじみ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008863/53046494

この記事へのトラックバック一覧です: 僕もパンクロックが好きなんだ:

« 朋あり遠方より来りてノルマンディー上陸作戦。そして滞在許可証更新。 | トップページ | 巷で噂の『キルラキル』ですが »